【ベテラン保育士監修】普段の生活から無料で知育できる方法

【ベテラン保育士監修】普段の生活から知育する方法育児のこと
【ベテラン保育士監修】普段の生活から知育する方法
スポンサーリンク

3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、今までよりも「日常生活から知育方法について」わかっているはずです。

具体的に知育の方法に迷っている人
子供の知育方法に悩んでいるのですが、どんな教育方法が知育にいかすことができますか?

 

と疑問に思っている人のお悩みを解決できる記事を用意しました。

 

ちなみに、お前は誰だ?という人に、僕の自己紹介を簡単にしますと、

僕はキッズカットに特化した美容師であり、もうすぐ2歳になる息子がいる父親です。子供と触れ合うことが日常から多いので子供との距離の縮め方や喜ばせ方には特化しています。子供の学習に強い関心がるので正解がない子育てを日々模索して子供と一緒に成長していくことをモットーに考えています。
hoka
hoka

キッズカットのお客様で、1番多い年代は2歳~3歳です。詳しくは公式HPをご覧ください。

 

 

ちなみにこの記事ではこんなことがわかります。

・知育の疑問
・無料で知育できる効率的な方法
・知育に必要な親の役目

 

知育を知ることで、効率的に普段の生活から知育教育をすることができます。
また、具体的に知育することができる方法を約束します。

 

スポンサーリンク

【ベテラン保育士監修】普段の生活からでも知育できる方法

 

【ベテラン保育士監修】普段の生活からでも知育できる方法

【ベテラン保育士監修】普段の生活からでも知育できる方法

 

まず、結論から先に普段の生活からでも知育できる方法は

家族で学び、経験して感想を話す。

 

ざっくりですが、これが普段の生活でもできる知育方法です。

 

なぜかというと、インプットとアウトプットが知育に必要なことだからです。

 

例えば、
子供と家族で楽しい場所に遊びに行く時や思い出を作りに行く時は、この方法を試すことによって子供の知育を促進する事ができます。
また、楽しい思い出と共に教育も楽しんでできるので、この知育方法はおすすめです。

 

 

先日こんなツイートをしました。

 

 

上記のツイートを深掘りしつつ【普段の生活からでも知育できる方法について】解説しています。

 

知育とは

知育とは一言で解説すると

知能を高め、知識を豊かにするための教育

を言います。

 

 

計算や読み書きといった学習能力のことではなく、自ら考えたり結果を想像して行動する「知的能力」のことだといえます。

 

 

ここ最近「知育」が注目を浴びています。

 

トレンドの理由は小学生から高校生の教育方法が学力だけではなく「思考力」「判断力」「表現力」が求められる様になった時代だからです。その教育方法は教育本やYouTubeなど様々なコンテンツで紹介されていて、今もっとも注目な教育なのです。

 

日常生活からでも知育教育ができます

 

知育は普段の生活からでも学ぶことができます。

 

なぜなら、普段から親の育児意識の違いで知育を学んでもらう様に仕向けることができるからです。

 

 

 

 

 

例えば遠足の場合、

遠足の前後の時間が知育に良いといいます。
保育園、幼稚園では遠足の前に場所の地図や公園にいる動物、虫など遠足について学ぶ時間があります。また遠足後に実際足を運ぶことによってどんな地形であったか?どんな動物、昆虫と出会ったかを話し合います。楽しかった遠足の経験を改めて考え直す事で学びが生まれます。

子供が、この遠足から学んだ経験を考えながらインプットしたりアウトプットする事が知育に必要なことになります。
これか本質です。

 

今回は遠足から学んだ事ですが、公園でも買い物でもどこでも同じことができると言えます。
なので知育は普段の生活からでと学ぶことができるという訳です。

 

例えばサッカー観戦の場合、

レオ君は、パパとママの3人家族で5歳の男の子です。
週末に初めてサッカー観戦に行く予定です。レオ君はサッカーのルールは曖昧でどんな選手がいるかもよく分かっていません。なのでパパは前もってサッカーのルールとサッカー選手をレオ君にお話しました。レオ君はなんとなく理解した様子。
当日のサッカー観戦は家族でとても楽しみました。家に帰ってきてサッカー観戦の感想をレオ君に聞くと興奮をした様子でこうだった、あーだった、とたくさん感想をお話ししてくました。

このようにきっかけは何でもいいと思います。ある経験をする前後に考えてもらうことがポイントです。

例えばスーパーでお買い物の場合、

レオくんの夕飯のお買い物をしにスーパーに行きました。

 

まとめ

この様に、どの様なことでも知育にいかす事ができます。習慣になっていることでもその前のインプットとアウトプットの時間を作ることで知育に生かされることでしょう。

 

「教育を始める時期が早ければ早いほど、才能が大きく育つ可能性が高い」
「0歳に近いほど能力が育つ可能性があり、0歳から遠ざかるほどその可能性が閉じて行く」

 

とベテランの保育士さんは言います。早い時期に愛情をしっかり伝えて「知育」を意識することで子供の脳を刺激し、成長を促すことでしょう。

 

また、上記の方法は、無料でできることですが、教材もとても有効です。
乳幼児期にできる知育とは、自ら考えたり判断したり、結果を想像して行動したりする「知的能力」を伸ばす教育が必要になります。

 

知的能力を育てる方法は、大きく分けて3つあります
・知育玩具を使う
・知育の絵本を読み聞かせる
・興味がある分野の知育教材で想像性を育む
教材を使っている子供と比較するとやはり知的能力は幼いうちから教材を使っている子供の方が優っている結果も研究で出ています。この機会に子供に与えて経過を見てみるのいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

▼おすすめ知育の商材まとめ
トイサブ(おもちゃ貸し出しサービス)
※月齢に応じて定期的にお届け、家には必要なおもちゃだけ、すべてのお客様へ個別にプラン。など嬉しい特典があります。また月額3240円なのでコスパ最強です。

絵本ナビ
※amazonや楽天にない様な種類の絵本もおいてあるサイトです。ジャンル分けもわかりやすくしているので絵本を探している人にはおすすめです。

WorldLibrary Personal
※こどもの成長に合わせて月額1,000円で毎月届く、絵本定期配送サービスです。毎月送られてくるので読書に飽きる事なく子供は楽しで読みます。また、今まで買わない様なジャンルの本も届くので子供の新しい発見が見つかります。

こどもチャレンジ
※こどもチャレンジに登録する人はこちらから簡単に登録できますよ。

こどもチャレンジ:資料請求無料
※資料請求は無料なので、興味のある人は資料だけでも見てみると参考になると思いますよ。
今回は以上です。
タイトルとURLをコピーしました