【ジョージア】平和の橋【Bridge of Peace】の歴史!

Bridge of Peaceジョージア
スポンサーリンク
hoka
hoka

こんにちはーホカです!(Twitter@HOKAZONO11←もしよかったらフォローお願いします!笑

 

突然ですが「平和の橋(Bridge of Peace)」をご存知ですか?

コーカサス地方のジョージアという国にある超有名な観光スポットの橋の名前が「平和の橋(Bridge of Peace)」です。

 

平和の橋(Bridge of Peace)について知りたい人
平和の橋はどんな所ですか?
ジョージア観光する時のオススメな場所と聞いたのですが、家族でいくので少し調べてから行こうと思っているのですが、何かあれば教えて欲しいです。

 

今回は、ジョージアに来たら1度は行ってみたい「平和の橋」について概要と歴史を解説します。

 

この記事でわかる事

・平和の橋(Bridge of Peace)の概要
・平和の橋(Bridge of Peace)の歴史

 

平和の橋の歴史を知ることができれば、ただ観るだけではなく違う観点からも観る事ができるので、観光が一段と深くなり楽しむ事ができるので、オススメします!

今回はこの橋の歴史を解説したいと思います。

 

平和の橋の知られざる歴史。【イラン人が日本語で解説】
記事が面倒くさい人は動画で解説しているので、こちらからご確認ください。
イラン(ペルシャ)とジョージアとトルコの歴史的関係性が理解できますよ。
【平和の橋】ジョージアとイランの意外な関係…【1000年前編】

 

ではいきましょう!

スポンサーリンク

【ジョージア】平和の橋【Bridge of Peace】の歴史!

Bridge of Peace

 

2010年に開設されたクラ川に架かる歩行者専用の橋が平和の橋です。
トビリシ市の旧市街(東側)新市街(西側)を結びます。

西側には、すぐ公園からニュータウンが始まっています。
東側には、旧ソ連時代から建設されているオールドタウンが広がっています。

トビリシ全体が川を挟んで街並みがガラッと変わっているのが特徴で、まさに架け橋になっているのが平和の橋の特徴でもあります。

 

平和の橋(Bridge of Peace)の概要

 

ガラス張りで鉄骨を組み合わせた近代的なデザインの橋で、夜にはライトアップされます。

・住所:The Bridge of Peace, Tbilisi
・近くの駅:Avlabari
・入場料:無料
・営業時間:24時間
・駐車場なし
・足場:やや悪い

平和の橋の周りには、観光できる所が多く温泉や飲食店もたくさんあるので、一度このエリアにいくと半日、楽しめると思います。

また夜にいくとライトアップがされているのでとても綺麗な橋です。治安は元からジョージアは安全なので、深夜に行っても安心して楽しむ事ができます。

 

レビュー

暗い中、危険はないか?と心配はありましたが、6月の夜9時くらいではまだ人が結構歩いていて、特に危険な感じはしませんでした。

なんといっても斬新なデザインです。柱は城に統一され、屋根がついており、これがライトブルーのクリスタルデザインでなかなか凝っています。

旧市街の観光後、平和の橋を渡って対岸の公園に行きましたが、開放的な広い公園にはジョージアの若者が散策をしていました。

 

 

美しい形の橋です。周囲の古い街並みとは相反する斬新なデザインですが、それがとても雰囲気とマッチしていました。特に夜ライトアップされると浮きだってきれいです。ムトゥクヴァリ川にかかる平和橋と上空を跨ぐロープウェイのコラボレーションは最高です。

遠目に見てその外観に度肝を抜かれましたが、渡ってみると機能的で素晴らしかったです。まず屋根があるので日差しや雨を遮ってくれます。さらに両脇が大きく開いたデザインなので、景色が見やすい!どちらを見ても素晴らしい景色でした。

 

平和の橋(Bridge of Peace)の歴史

この橋の歴史を知った時は少し驚きました!

理由は、橋の見た目では想像できなかったからです。

今回は、ジョージアに住んでいるイラン人の友達に「平和の橋の歴史」を教えてもらいました。
イランとジョージアは、昔は1つの同じ国でした。そこから物語が始まります!

平和の橋の歴史物語

1500年以上前から、ジョージアはイランの街でした。

「ペルシャ人」という括りで呼ばれていたそうです。

しかし

1,000年前のイランとトルコの戦争で

ジョージアがイランを裏切ってトルコと手を結びました。

そして、ジョージアはトルコと一緒に、イランを倒しました。

結果、ジョージアがイラン人を裏切った影響により、

たくさんのイラン人が殺されたそうです。

その結果、戦争でイランが大敗をしました。

月日が流れ200年後に、

イランとトルコがもう一度戦争を繰り返しました。

その結果、

2回目の戦争では、イランが勝ちました。

2回目の戦争の帰り道でイラン人達はジョージアに立ち寄り、

平和の橋の上で1000人のジョージア人を復讐として殺しました。

また、200人を奴隷としてイランに連れて帰りました。

今では、

その橋がモニュメントとなって「平和の橋」と呼ばれるようになったそうです。

 


 

上記の歴史から「もうこんな事が二度と起こらない様に」と願いを込めて、近代的に作られたモニュメントの橋が「平和の橋」出そうなのです。

イランでも、この歴史は語り続けられいて、もう二度とこんな悲劇が生まれない様な学びを国の教育としているそうです。

今では、ジョージアとイランはとても友好的な国なので全く問題は無いそうです!

 

この歴史の「生の声」を聞きたい人はこちらをご覧ください。

また【外国人から見たジョージア編】ではリアルなジョージアはこんな国だったので、合わせてチェックしてみるとジョージアの理解が深まると思うのでオススメですよ!

 

 

平和の橋の知られざる歴史【イラン人が日本語で解説】
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。YouTubeより
ジョージアの首都トビリシの生活と街について外国人に聞いた
【結論】家族移住・海外移住におすすめです!裏事情あり
【外国人から見た】ジョージア人の女性について
ジョージア人の女性はこんな人だった‼︎!‼︎

 

ジョージアの歴史を知る事によって、現地の人の気持ちがわかるので信頼関係も構築しやすいです。
またこの記事で、ジョージアに来るハードルが少しでも下がればなと思います。
何か質問などあればTwitterからお気軽にどうぞ!

 

今回は以上です!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました