0歳児からおすすめの知育を伸ばす方法【絵本とおもちゃの教材有り】

0歳児からおすすめの知育を伸ばす方法【絵本とおもちゃの教材有り】育児のこと
0歳児からおすすめの知育を伸ばす方法【絵本とおもちゃの教材有り】
スポンサーリンク

3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、今までよりも「子供の学習教材について」わかっているはずです。

0歳児から学習しようと悩んでいる人
今のうちから子供に学習させよう考えているのですがおすすめな学習方法はありますか?

 

と疑問に思っている人のお悩みを解決できる記事を用意しました。

 

ちなみに、お前は誰だ?という人に、僕の自己紹介を簡単にしますと、
僕はキッズカットに特化した美容師であり、2歳になる息子がいる父親です。
子供と触れ合うことが日常から多いので子供との距離の縮め方や喜ばせ方には特化しています。子供の学習に強い関心がるので正解がない子育てを日々模索して子供と一緒に成長していくことをモットーに考えている父親です。

 

 

hoka
hoka

ちなみにキッズカットのお客様で、1番多い年代は2歳~3歳です。詳しくは公式HPをご覧ください。

 

 

 

ちなみにこの記事ではこんなことがわかります。

・おすすめ学習教材の種類
・絵本学習の必要性
・おもちゃ選びの基準

 

0歳児からの子供の学習方法を知ることで、子供が成長することができます。
また、お得なおすすめ教材を知ることができることを約束します。

 

スポンサーリンク

0歳児からおすすめの学習方法【絵本とおもちゃの教材有り】

 

0歳児からおすすめの学習方法【絵本とおもちゃの教材有り】

0歳児からおすすめの学習方法【絵本とおもちゃの教材有り】

 

まず、結論から先に0歳児から始めるおすすめの学習教材


上記の3つが0歳児から始められるおすすめの教材です

 

先日こんなツイートをしました。

 

上記のツイートを深掘りしつつ【0歳児から始めるおすすめの学習方法】について解説しています。

 

 

乳幼児の教育とは

教育基本法の第2条では「知・徳・体のバランスがとれた発達を基本」とされています。
子供の教育には大きく分けて3つの大きな柱があります。

・徳育
・体育
知育

 

徳育と体育と知育です。今回は今、注目を集めている「知育」について解説します。

 

 

知育とは

知育とは一言で解説すると「知能を高め、知識を豊かにするための教育」のことを言います。

 

 

計算や読み書きといった学習能力のことではなく、自ら考えたり結果を想像して行動する「知的能力」のことだといえます。

 

 

ここ最近「知育」が注目を浴びています。
トレンドの理由は小学生から高校生の教育方法が学力だけではなく「思考力」「判断力」「表現力」が求められる様になった時代だからです。その教育方法は教育本やYouTubeなど様々なコンテンツで紹介されていて、今もっとも注目な教育なのです。

 

 

乳幼児期にできる知育とは

 

乳幼児期にできる知育とは、自ら考えたり判断したり、結果を想像して行動したりする「知的能力」を伸ばす教育が必要になります。

 

 

▼乳幼児期の知育の方法は下記です。

子供の興味や好奇心を引き出しながら、工夫したり考えたりしながら解決に向かう体験をさせること
知的能力を育てる方法は、大きく分けて3つあります
・知育玩具を使う
・知育の絵本を読み聞かせる
・興味がある分野の知育教材で想像性を育む

 

知育に必要な上記の3つを具体的な教材を含めて解説します。

 

知育玩具を使う

 

知育玩具は遊び方に正解がなく、子供が自分なりに考えたり工夫したりして、いろいろなことを表現できます。また指先をよく動かすことで脳が刺激され、考える力がさらに育つといわれています。

 

 

とはいえ、
何を購入していいかわからないのが両親の本音でしょう。パッケージに「知育に良い」「想像性が膨らむ」と書いてあったとしても、子供が興味がないみたいで結局押入れの中。なんてことはザラにあります。

 

玩具は無限にありますが、

 

購入してみたものの、結局使わなかった大量の玩具が家にあります。

 

ここでおすすめしたいのが「玩具の貸し出しサービス」です。
わざわざ玩具を買う必要がなく、レンタルすることで場所を気にする必要はありません

 

また、成長に合わせた玩具を毎月定額で遊ぶことができるので、コスパがとても良いのもメリットです。
おもちゃが合わない心配をしている家庭にも、月齢に応じて定期的に届けられるので安心なサービスといえるでしょう。

 

トイサブ(おもちゃ貸し出しサービス)
※月齢に応じて定期的にお届け、家には必要なおもちゃだけ、すべてのお客様へ個別にプラン。など嬉しい特典があります。また月額3240円なのでコスパ最強です。

 

 

知育の絵本を読み聞かせる

 

赤ちゃんは絵本が大好きです。 0歳で「ねんね」の頃から読んだって、早すぎるっていうことはありません。とはいえ、当然ながら言葉を理解しているわけではありません。反応だって、まだまだ少ないはず。

 

 

だからこそ、体中の色々な感覚を使って楽しんでいます。心地の良いリズムの言葉や、変化のある色や形で描かれた絵本を、ママやパパが語りかけるように繰り返し読んであげてください。きっと絵本を読み聞かすことを習慣にすすると知育が発達するだけではなく、読書好きな性格になるかもしれないですよ。

 

 

おすすめは購入なら絵本ナビ。定額ならWorldLibrary Personalです。

 

絵本ナビ
※amazonや楽天にない様な種類の絵本もおいてあるサイトです。ジャンル分けもわかりやすくしているので絵本を探している人にはおすすめです。


WorldLibrary Personal
※こどもの成長に合わせて月額1,000円で毎月届く、絵本定期配送サービスです。毎月送られてくるので読書に飽きる事なく子供は楽しで読みます。また、今まで買わない様なジャンルの本も届くので子供の新しい発見が見つかります。

 

 

興味がある分野の知育教材で想像性を育む

独自に開発したオリジナル教材を使い、五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)を刺激する知育プログラムを展開している教室もあります。

 

発達段階に沿ったカリキュラムを組んでいる教材が大半で、なかには0歳児〇〇ヶ月から受けられる月齢に合わせた知育教材もあるようです。

 

その中でも、おすすめなのがこどもチャレンジです。
「しまじろう」は子供にも大人気でこどもチャレンジをしていない子供でも見た事があると思います。またテレビアニメやYouTubeでも見る事ができるので楽しみながら知育を伸ばす事ができるのもポイントですね。

 

こどもチャレンジ:資料請求無料
※資料請求は無料なので、興味のある人は資料だけでも見てみると参考になると思いますよ。
こどもチャレンジ:登録画面様
※こどもチャレンジに登録する人はこちらから簡単に登録できますよ。

 

 

まとめ

 

知育は、子供が自分なりに考えたり工夫したりすることがポイントなので、子供の発達段階や興味に合ったものを選ぶことが大切です。

 

 

そして子供の自主性を伸ばすために、ママやパパは口や手を出すのではなく見守ってあげましょう。遊び方が間違っていたとしても訂正するのではなく、

 

そういう遊び方もあるのね!

 

と受け入れ、認めてあげるといいと思いますよ。

ママとパパに認められることで子供はさらに興味を伸ばすこと間違いなしです。

 

 

知育の商材まとめ

トイサブ(おもちゃ貸し出しサービス)
※月齢に応じて定期的にお届け、家には必要なおもちゃだけ、すべてのお客様へ個別にプラン。など嬉しい特典があります。また月額3240円なのでコスパ最強です。

絵本ナビ
※amazonや楽天にない様な種類の絵本もおいてあるサイトです。ジャンル分けもわかりやすくしているので絵本を探している人にはおすすめです。

WorldLibrary Personal
※こどもの成長に合わせて月額1,000円で毎月届く、絵本定期配送サービスです。毎月送られてくるので読書に飽きる事なく子供は楽しで読みます。また、今まで買わない様なジャンルの本も届くので子供の新しい発見が見つかります。

こどもチャレンジ
※こどもチャレンジに登録する人はこちらから簡単に登録できますよ。

こどもチャレンジ:資料請求無料
※資料請求は無料なので、興味のある人は資料だけでも見てみると参考になると思いますよ。

 

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました