【ジョージア】カタール航空の荷物のルールまとめ【海外・家族移住】

ジョージア
スポンサーリンク

【ジョージア】カタール航空の荷物のルールまとめ【海外・家族移住】

 

カタール航空の預入荷物を調べている人
ジョージアまでカタール航空を使って渡航したいのですが、カタール航空の荷物のルールがわかりません。
家族で移住を考えているので、どのくらいの荷物を預けられるのか教えてください。

この悩みを解説します。

 

ちなみに、お前は誰だ?という人に、僕の現在の自己紹介を簡単にすると、

世界的に注目を浴びていて、日本からの移住者が増えている【ジョージア】
首都トビリシにあるサブルタロ地区で家を借りて2020年から家族3人で暮らしています。
物価が安く、ビザなしでも1年滞在できる」という点から、プチ移住を決心しました。
子供(2歳)がいても楽しく暮らしています
日本の暮らしと比較すると、働かなくてはならない!という圧を全く感じないで生活できるので、ゆっくり時間を使えて幸せな時間を満喫しています。
絶賛、英語勉強中!!

 

今回は実際に、カタール航空を使って家族とジョージア移住を試みた経験をそのまま解説します。

 

日本からジョージアまで行ったルートは下記です

【23:40発 羽田空港 → 6:20着 ドーハ空港】 約13時間
乗り換え
【7:15発 ドーハ空港→11:30着 トビリシ空港】 約3時間

 

航空会社は、カタール航空です

 

参考になりそうと思った人は、最後まで読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

【ジョージア】カタール航空の荷物のルールまとめ【海外・家族移住】

まず結論から先にいいますと、カタール航空の荷物のルールはシンプルで、

ビジネス・エコノミー・ファーストの各クラスによって総重量が変わります。

 

一般的に日本からの場合

預け入れ手荷物許容量

エコノミークラス・・・総重量30kg、1個当たりの3辺の和(縦+横+高さ)300cm以下
ビジネスクラス・・・・総重量40kg、1個当たりの3辺の和(縦+横+高さ)300cm以下
ファーストクラス・・・総重量50kg、1個当たりの3辺の和(縦+横+高さ)300cm以下
カタール空港の公式HPから

機内持ち込み手荷物許容量

エコノミークラス・・・・・・・・最大7kg(15ポンド)のお荷物1個
ビジネス&ファーストクラス・・・客室に2個、合計で15kg(33ポンド)までお持ち込みOK
カタール空港の公式HPから

 

幼児運賃の預け入れ手荷物許容量

重量10kg以下、サイズ115cm以下
(幼児1人につきベビーカーか折り畳み可能なキャリーコット1台を無料でお預かり)
カタール空港の公式HPから

子供運賃の機内持ち込み手荷物許容量

子供運賃でご搭乗の幼児とお子様の手荷物許容量は大人と同じです。
カタール空港の公式HPから

 

スーツケースの中身はエコノミークラスでも1個当たり30kgまで預けられることができるのが、カタール航空のいいところですね。

荷物の超過手荷物で、重量または個数が許容量を超えるお荷物には超過手荷物料金が適用されますが、高額なので気をつけましょう。

 

 

超過手荷物の概要はこちら

幼児運賃と子供運賃

幼児運賃または子供運賃が適用されるかは、お子様の年齢によって決まります。幼児運賃は通常大人運賃の10%に設定されます。

幼児運賃:生後8日から2歳の誕生日まで
(大人の膝の上に座る場合は幼児運賃)
(別途座席を利用するかチャイルドシートを利用する場合は子供運賃)
子供運賃:2~5歳のお子様
(16歳以上の大人が同伴が必要)
カタール航空の公式HPはこちら

 

ちなみに、長時間のフライトの場合は小さい子供がいると「オムツとウェットテッシュセット」「お人形(カタール君)」をもらう事が出来ます。

 

オムツはかなりありがたかったので、こういうサービスがあるのとないのだと差があると思います。

 

カタール君カタールちゃん

機内食

カタール航空の機内食は日本人の口によく合うと思います。。

【23:40発 羽田空港 → 6:20着 ドーハ空港】 夜と朝の2回の機内食
【7:15発 ドーハ空港→11:30着 トビリシ空港】 1回の機内食

夜のメニュー

前菜
大麦とサツマイモのサラダ
メイン
・コッテージパイとマッシュポテト
・フリッジパスタとベストクリームソース
・チキングリルのバター醤油
パン
フォカッチャ
デザート
グリーンティームース
ゴディバチョコレート
スナック

朝のメニュー

メイン
・ポテトと枝豆のフリッタータ
・海老入り焼きそばのオリエンタルソース
・オーツミールとミックスベリーのコンポート
パン
バタークロワッサン
添え物
フルーツ、ヨーグルトとマンゴーのコンポート

 

乗り換え(トランジェット)

【23:40発 羽田空港 → 6:00着 ドーハ空港】
【7:15発 ドーハ空港→11:30着 トビリシ空港】 

上記の様なフライトには乗り換えがあります。実際にドーハ空港でトリビシ行きに乗り換えをしました。

 

ポイントなのは時間です。

 

フライトの予定では、ドーハ空港に6:00着ですが、僕たちが着いた時間は6:20でした

そこから搭乗手続きと荷物検査をして….ギリギリでした。

 

急いでも乗り換えに50分はかかるので、余裕を持ったフライトにしたい人は少し時間の余裕を持てるチケットをとることをおすすめします。

 

まとめ

カタール航空がどんな航空会社だったのか、大体わかったと思います。

個人的には大きめのスーツケースを預かってくれる点と、子供に対する配慮が手厚かったのでカタール航空で良かったと思います。

とはいえ、他の航空会社のをもっと知りつつカタール航空の長所を発信できればと思います。

少しでも重量をオーバーするとチェックされてしまうので、一度あなたのスーツケースの重さを渡航前に測る事をおすすめします。

測り方はこちらの商品で簡単に測る事ができるのでおすすめです。

海外旅行にも必須アイテムなので1つは持っていても損はないと思いますよ!

 

 

 

 

今回は以上です

タイトルとURLをコピーしました