【集客は独学】集客に特化!上位サイトの開設方法【画像20枚で徹底解説】

【集客は独学】集客に特化!上位サイトの開設方法【画像20枚で徹底解説】美容師の学校
【集客は独学】集客に特化!上位サイトの開設方法【画像20枚で徹底解説】
スポンサーリンク

こんにちは、ホカ(@HOKAZONO11)です

 

ホームページで集客しようと思って調べていても難しいワードばかり…。初心者でも簡単に作れるサイトってどんなサイトでしょう?

 

 

ホームページの作り方がわからない人
ホームページを作って集客しようと思っているのすが、どういう手順で作るの?

 

サイトが中々、上位にならない人
サイトを作ったものの、どうすれば上位に入れますか?

 


こんなお悩みを解決します

 

この記事で読めばわかること

・どんなサイトが集客に向いているか
・どういうところをパクればいいか
・集客の導線の引き方
・どうすればサイトが上位に入るのか

 

 

ちなみに簡単な自己紹介をすると

hoka
hoka

ホームページ作成を始めたのが、2018年12月からで実際に集客人数が月に20〜30人できています。
また、狙った集客キーワードが2位など上位を7ヶ月連続で上がり続けている実績があるので信憑性はあるかなと思います。

 

 

上記のツイートで、結果が出せた理由をこの記事で解説します。

 

▼実際の上位サイト(美容師の集客サイト)はこちら
Peace of Cake hair


▼Instagram
@yuya_hokazono


▼Twitter
@HOKAZONO11


 

スポンサーリンク

【集客は独学】集客に特化!上位サイトの開設方法【画像20枚で徹底解説】

【集客は独学】集客に特化!上位サイトの開設方法【画像20枚で徹底解説】

【集客は独学】集客に特化!上位サイトの開設方法【画像20枚で徹底解説】

 

今回は、どんなサイトが集客に向いていて、どんな風にサイトを設計すればいいのかをご説明します。

 

僕は、サイトを作るぞ!と意気込んで1ヶ月半で作り終えることができました
サイト開設初心者でも必ず集客に特化した上位サイトを作れることを約束します。

 

▼僕は下記の手順でサイト設計をしました。

手順1:どんなサイトを作りたいか、徹底的にリサーチ
手順2:キーワードを決める(SEO対策)
手順3:導線を作る
手順4:実際に作ってみる
手順5:MEO対策

 

上記の手順で説明していきます。

 

10000文字オーバーの記事なので、ゆっくり休憩をしながらでもOKです。軽く読み流してもOKです。
良質なサイトを作りたい人はしっかり目を通してみてください!

 

では解説します。

手順1:どんなサイトを作りたいか?徹底的にリサーチ!

どんなサイトを作りたいか、徹底的にリサーチ

どんなサイトを作りたいか、徹底的にリサーチ

 

リサーチが最初にやるべき手順です

 

あなたは、どんなサイトを作りたいのか?どんなデザインがいいのか?
ここを決めてから「全ては始まる!」と言っても過言ではありません。

 

理由は、あなたの目的にあったサイト設計のゴールを決めるから

 

例えば、
富士山の頂上を日の出までの時間を決めて逆算しつつ登山にチャレンジするのと、気づいたら富士山付近に着いたので富士山の頂上を目指して登山するのだと、前者の方が早く登れるはずです。

 

よーし、計画的に登山するぞ!

 

目標がないままサイトを作り始めるよりも、ゴールを決めて作り始めた方が確実に早く作業が終わります。
また、ゴールを決めている方がクオリティが高いサイトが生まれやすいです。

 

なので、まずはゴールとなるサイトを探してから始めることをおすすめします。

 

 

サイト設計のゴールを決める!

 

 

▼ちなみに僕のサイトがこちら
Peace of Cake hair

 

この記事では、例えを多く入れつつサイト設計に必要な重要事項を解説しています。なので一度このサイトをチェックしながら確認すると参考になると思います。

 

個人のサイト

 

上位と集客できている僕が作ったサイトは、ごくごく普通の美容師のサイトです。
メニューのアイコンに「HOME」「menu」「ご予約」….などユーザーが見た時に必要な情報を最大限にのせてます。

 

ここでポイントなのが、このサイトを見そうなユーザーを具体的にイメージすること。

 

どんな人が見るだろう…?

 

ユーザーがどんな人なのか?年齢、性別など具体的に書き出してみてもいいかもしれないです

 

ちなみに僕の場合は、、

・住まいが池袋付近のユーザー
・乳児〜の子供がいるユーザー
・主に家族がメインターゲット
・子供と一緒にいけるサロンを探しているユーザー
・子供を安心して連れていけるサロンを探しているユーザー
・そこそこリーズブルなサロンを探しているユーザー
・+でお得感が味わえるのがポイント

 

こんなところです。

できる限り具体的に書き出すとサイト開設の約にたちます!

 

あなたのサイトユーザーを具体的にイメージする!

 

サイトを立ち上げる時に参考にしたサイトはこちら

数多くのサイトをみてきてこんなサイトにしたいなぁ!なーんて思いながらチェックしました。

 

今でもたくさんのサイトをみては勉強しています。
その中でも「Peace of Cake hair」を開設するにあたり刺激を受けたサイトを2つほど紹介します。

※実際は10個以上のサイトをチェックしましたが、厳選して2つにしました。

 

LINUS

LINUS

出典:http://tbplinus.com

参考LINUS

 

LINUSさんのサイトは見るからに綺麗なサイトだなぁと思い参考にさせていただきました。

スポーツジムのサイトで個人で集客していることがわかるので、業界は違えどやっていることは同じなので、とても参考にしています。

またブログ記事の内容は少なめですが、要点がまとまっているのもポイント!

見やすさと、ジムにいきたくなる様なサイトの構成で全てのページを網羅しつつ、良いところをパクったりしました

 

・めちゃめちゃ見やすく綺麗なサイト
・ジムを探しているユーザーに刺るワードが多い
・口コミなど丁寧にのせている
・専門性に特化しているのが伝わる

 

あなた好みのサイトをResearch!

 

OIKEMOTOKI

 

OIKEMOTOKI

出典:http://oikemotoki.com

参考OIKEMOTOKI

 

同じフリーランス美容師の個人ホームページなので参考にしました。
作り方も綺麗で見やすさ、導線のひき方がとても良くできていて見本のようなサイトです。

 

美容院を表参道で探していてこのサイトを見た場合「思わずいきたくなるなー」と思ったので、徹底的にリサーチさせていただきました。

 

同じ業界なのがポイントです。きっとあなたにとって同じ業界で活躍している人(サイト)は多いと思うので、必ずチェックした方がいいと思います。

 

・同じ業界で結果を出している人はチェック必須
・サイトが綺麗で見やすい
・誠実性と髪を良くしてくれる思いが伝わる
・気持ちがこもったサイト
・導線がうまく引かれてある

 

 

こんな感じであなたがどんなホームページにしたいかをリサーチして近づければOKです。簡単なことですよね。

 

まずはリサーチから始めましょう!

 

同じ業界のサイトは必ずチェック!

 

手順2:キーワードを決める(SEO対策)

手順2:キーワードを決める(SEO対策)

手順2:キーワードを決める(SEO対策)

 

次にキーワードを決めちゃいましょう

 

先に言っときますが、キーワードはめちゃめちゃ大切です。

 

理由は、Googleの順位を決める際に競合がいる場合、勝つためには時間と作業量に関わるから。

 

僕を例にあげますが、

キーワードは「池袋 キッズカット」です。

 

もともと集客ができれば、どんなキーワードでもよかったのですが

 

hoka
hoka

「どうせなら好きなジャンルのユーザーと繋がりたい」

 

と思ったので子供が好きなことから、このキーワードにしました。

 

このキーワードで上位を取れれば集客に繋がる

 

理由は「池袋 美容院」のワードでもいいのですが、競合が多すぎて流石に検索で1ページ目になることは難しいと思ったから。

 

ちなみにどのくらい競合がいるか簡単に調べられる方法があります。

 

キーワードを決める!

 

競合をチェックする方法

 

▼「池袋 美容院」で調べた場合

競合の調べ方

競合の調べ方

 

12,000,000件がライバルになります。そのうち1ページ目で出てくるサイトは10件ほどなので、上位になるには11,999,990のサイトを倒さないといけません。

ちなみに1位はホット○ッパーですね。

 

 

では▼「池袋 キッズカット」で調べた場合はこちら

「池袋 キッズカット」検索結果

「池袋 キッズカット」検索結果

 

4,300,000件です。「池袋 美容院」に比べるとライバルが3分の1ほどです。
※ちなみに画像では見れないですが現時点では僕のサイトは2位でした。

 

このように狙ったキーワードで集客するためには、ニッチなキーワードでもいいので1ページ目にあなたのサイトが出るようなキーワード選定をすることがおすすめです。

 

この上位を狙う対策が「SEO対策」と言います。上位(1ページ目)を狙うためにはSEO対策が必須で、ランキングはGoogleが決めています。

 

上位になる為には、Googleが認めたアルゴリズムにあったサイトでなくてはいけません。

 

僕はSEOの専門博士ではないので、独学の知識でしかわかりませんが、SEOで勝つ為には

・権威性
・信頼性
・専門性

があるサイトが上位に行く傾向があるみたいです。

 

なので、嘘っぱちのサイトやあまり約に立たないサイトはどんどん順位が下がっていきます。逆にみんなが認める優良なサイトが上位にいきやすい傾向があるみたいです。

 

また長年、時間をかけて丁寧に作られているサイトも上位にいきやすいという結果も研究で出ています。

 

SEOについて詳しく知りたい方はTsuzukiさん(@1276tsuzuki)のSEOブログでわかりやすく解説しているので参考になると思います。

【失敗しない】ワードプレス(Wordpress)ブログ用のおすすめテーマ5選 | Tsuzuki Blog
【初心者にもおすすめ】ワードプレス(Wordpress)ブログ用のおすすめテンプレートを知りたいですか? 有料テーマと無料テーマの中から厳選した、"これを選べば外さない!"というテーマを5つご紹介しています。

 

 

SEOは奥が深く、Googleのアルゴリズムは謎が多いので僕も勉強中ですがキーワードに関しては競合(ライバル)が少ない分野で挑んだ方がいいことは確かです。

 

 

例えば、
「地名 美容室」

・「渋谷 美容室」(約 27,500,000 件)
・「北海道 札幌 美容院」(約 18,500,000 件 )

 

競合が多い

競合が多い

 

 

上記よりも、もう少しニッチなキーワードの方が上位を狙いやすい。

 

例えば、
「地名 この技術に特化」「地名 あまり周りがやっていないこと」

「渋谷 縮毛矯正に特化」(約 96,800 件 )
「札幌 雪だるまシャンプー」(約 33,100 件  )
「福岡 ツイストスパイラルパーマに特化」(約 31,000 件 )

 

みたいなことですかね。雪だるまシャンプーは流石に笑いますが、そんな感じで検索する人に特化することで上位が狙いやすいのは確かです。

 

 

競合調査

競合調査

 

「福岡 ツイストスパイラルパーマに特化」(約 31,000 件 )

 

考えて見てください!
上記のキーワードだと、仮に福岡に住んでいるユーザーで、ツイストスパイラルパーマがかけたくてしょうがない人が検索すると思います。

 

その人はどのくらいの人数だと思いますか?
きっと美容師が1人でやるには十分な数の人ではないでしょうか?

 

 

キーワードはニッチなジャンルで決めてみよう!

 

 

ここでキーワードが決まったら実際に調べて見ましょう
競合をチェックします。

 

・キーワードは何件くらいあるか?
・競合(1〜20位)はどんなサイトなのか?
・競合サイトはユーザーが求めているような情報なのか?

 

1位から20位くらいまでサイトをチェックして、かなり昔に作られたサイトやあまり特にならなさそうなサイトはありますか?

 

グーグルは常にサイトをチェックしています。あなたが決めたワードで競合を確認して、あまりにも昔っぽいサイトがある場合は上位にいけるチャンス!その場合は即決めちゃいましょう!

 

競合を確認して追い抜けそうなサイトが多い場合はチャンスありです!

 

競合サイトを確認しましょう!

 

 

キーワード変更

サイトを作ってからキーワードを変えるとグーグルから認識(インデックス)と評価がされるまで時間がかかります。時間を有効的に使った方がいいので、最初から狙ったキーワードで特化させていくことがおすすめ。

 

少しキツイ言い方ですが、サイトを作っても、読まれてないサイトは無い物と同じです。時間をかけて作るのであれば、みんなに読まれるサイトの方がいいですよね。

 

実は、サイト開設におすすめな方法があります!

 

僕は第二の子供だと思ってサイトを愛しながら構築していきました。
最初は赤ちゃんのような誰にも見られないサイトから、今や独り立ちできる一人前の大人サイトになったのもから始まったかもしれないっすね(笑

 

サイト設計のおすすめ方法は「第二の子供だと思ってサイトを愛しながら構築」すること

 

 

 

ここまでお疲れ様です。聞きなれない言葉や新しいことで、頭がパンクしている人も多いのではないですか?

ブレイクタイムです。1度を休憩してもOKです。一回落ち着いて整理してみましょう。

ここまででよくわからなかった人は最初から読み直すのもありです

 

 

ここまでのまとめ

 

下記の手順で僕はサイト設計をしました

手順1:どんなサイトを作りたいか、徹底的にリサーチ
手順2:キーワードを決める←今ここ
手順3:導線を作る
手順4:実際に作ってみる
手順5:MEO対策

 

手順の方法

・サイトをリサーチしてパクれそうなサイトを複数個見つける
・自分の作るサイトのユーザーをリアルに想像して書き出す
・キーワードを絞る(ニッチなワードの方が良い)
・決めたキーワードで調べて見ましょう(競合チェック)
・第二の子供だと思ってサイトを愛しながら構築しよう!

 

 

さて、次にいきます

手順3:導線を作る

手順3:導線を作る

手順3:導線を作る

 

サイトに集客の導線を作りましょう!

 

理由は、サイトが上位でも集客できないサイトだと意味がないから。

 

例えば、どんなキーワードでも1位なると、PV数はある程度あると思います。見られてはいるものの集客0では意味がありません。

 

あなたのサイトが認識されていて、あなたに会いにいきたい人や、あなたから商品を購入したい人でも、アポイントが取れなければどこに連絡をしていいのかわかりません。

 

ウィンドウショッピングしていて「欲しいなぁ」と思ってもお店の入口がないと商品を購入すことはできませんよね?

 

こんな状態です。

 

なので、しっかりアポイントが取れる導線を作ってください

 

導線は主に2パターンあります。それぞれ紹介していきます

 

1つ目の導線

 

また僕のサイトで例をあげます。

メインページから下にスクロールしていくと….

導線の貼り方

導線の貼り方

 

予約の導線の貼り方

予約の導線の貼り方その2

 

こんな感じですね。予約を促すページが出てきます。これが導線です。ユーザーが何かしらの理由で入ってきても、最終的に予約まで押しやすいページを作ることが「導線を引く」と言います。

 

僕の場合はLINE@インターネット予約で導線を引いています。

 

なるべくユーザーが選択しやすい導線を作ることがおすすめです。サイトをみて「ここいいな!」「ここにしよう!」と思ったユーザーの行動を誘導しやすくするために分かりやすい所に導線を貼ることをおすすめします。

 

さらに導線にはもう1つ種類があります。

 

2つ目の導線

2つ目の導線は、SNSからなどの被リンクが貼れるツールの導線です。

 

例えば

・Twitter
・Instagram
・Facebook
・他のサイト

 

このようなツールを使って、自分で作成したメインのサイトにリンクを集めることが必要です!

 

導線は多い方が言い訳ではありませんが、SNSでも人によってはTwitter派やInstagram派がいるように分散しています。

 

あなたが狙っているユーザーがよく使っているSNSを育てることもポイントですし、全てやってみて手応えがあるSNSをリサーチしてみるのもある意味良い方法です

 

そのためにはツールを頑張って成長させる必要があります。個人的には導線は多い方がいいと思っているので、情報の発信は出来るだけ多くのツールを使っています。

 

1つ以上SNSのアカウントを作ってみましょう!

 

 

下記はGoogle analyticsというツール。
サイトがどんな人から見られているのか分析できる無料ツールです(必須)

 

またまた僕のサイトで例えると、

SNSの行動

SNSの行動

 

上記のサイトはSNSから11.6%の人がたどってやってきたユーザーであることが分かります。

 

organic searchとは、検索からたどってやってきたユーザー
directとは、ブックマークなど直接リンクにたどってやってきたユーザー
referralとは、あるウェブサイトからのリンクをたどってやってきたユーザー

 

こんな感じで、導線をしっかり引いてユーザーを誘導することがポイント。

 

Google analytics は分析のための必須ツール!

 

 

ちなみにこのhokablogを分析したらこんな感じ

hokablogの行動

hokablogの行動

 

まだこのサイトは、立ち上げて2ヶ月目なのでSocial(SNS)からの流動が70%以上をしめています。
Googleからインデックス(インターネット検索される状態)されているものの、ランキングが圏外に近い記事ばかりなので、直接被リンクからたどってやってきたユーザーが多いということが分かります。

 

あと3ヶ月後くらいにはorganic searchが多くなっていると思います。

 

話がそれました。ごめんなさい、、

本題に戻すと

 

僕の導線のゴールはご予約です!
もしご予約を試みたユーザーが予約リンクを押すとします。このことをCV(コンバーション)と言います。また予約成立していないけど予約ボタンをクリックしたことをCTR(クリック率)と言います。

 

軽く覚えておくと便利ですよ

 

CVが高いサイトは良質なサイトと言えるでしょう。

 

サイト設計はCVを目指して頑張る!

 

と友達に言うと「スゴーイ」ってなるかもしれないですね(笑

 

2種類以上の導線を引いてCVを高めるようにしましょう!

 

手順4:実際に作ってみる

手順4:実際に作ってみる

手順4:実際に作ってみる

 

ここまで理解できたらあとは簡単です。

手順4は作業になります。時間はかかりますが、あなたの赤ちゃんを自分で作るようなイメージだと楽しいと思います。

 

元気なサイトになってね!

 

わからない→検索→わかる→わからない→検索→納得→…….一応完成

 

この繰り返しでサイトはできあがってきます。そして一応完成になります…

 

「一応完成って….?」

 

ぶっちゃけいうとサイトの完成はないです……

 

えっ終わりがないの!?
ゴールを決めろって言ってたくせに。。。

 

と思うかもしれないですが、新しい情報をアップデートして初めてGoogleが上位に持ち上げてくれるものです。毎日とは言わないですが、サイトを見て

 

「ここ直した方が見やすいかな?」
「この情報がアップデートされたから変えてみよう!」

 

の様にサイト自体のメンテナンスや更新が必要になってきます。
こういうサイトが上位にくるサイトなのです!

 

まずは80%くらい作ってから完成度を磨くのがいいかもしれません!

 

 

さぁここで、2回目のブレイクタイムです。記事の3分の2が終わりました。
ふぅ、、、一回ストレッチしてみましょう(笑

飲み物でも飲んで、一息してください・

 

 

 

ではいきます

 

 

一回まとめますね

 

ここまでで決まっていることまとめ

 

下記の手順で僕はサイト設計をしました

手順1:どんなサイトを作りたいか、徹底的にリサーチ
手順2:キーワードを決める
手順3:導線を作る
手順4:実際に作ってみる←今ここ
手順5:MEO対策

 

手順の方法

・サイトをリサーチしてパクれそうなサイトを複数個見つける
・自分の作るサイトのユーザーをリアルに想像して書き出す
・キーワードを絞る(ニッチなワードの方が良い)
・決めたキーワードで調べてみましょう(競合チェック)
・2種類の導線を引きCVを高めましょう
・サイトに特化したSNSを作り→育ててみましょう
・analyticsに登録忘れずに

 

 

 

実際にサイトを作る為の参考サイト

 

サイトを実際に作ってみるのですが、この記事では説明は省きます。たくさん解説している良質なサイトが多いのであえて1から説明したら長くなりすぎるし、ここまででもある程度長いので飽きてきます。

また、サイトもすでに持っている人もいると思うのも理由です。

 

とはいえ、それでは無責任なので僕がおすすめな参考になるサイトとリンクを紹介します。

 

僕は独学でサイトを作る際に、1ヶ月半の時間がかかりました
時間の内訳は、情報収集の時間が半分をしめていて、その時間がなくなったら効率よくて良いなぁなんて思っていても、中々調べる時間が必要。

 

なのでそんな思いはして欲しくない。下記の優良な情報を発信している人をみてください。理解が深まると思います。

 

ferret

ferretはマーケティングやサイトに必要な情報がまとめてあるサイトです。

 

参考:ferret

参考ferret

 

最初にサイトを開設するときはサーバーとドメインが必要になります。初期情報も詳しく解説してくれているサイトなので優良なサイトです。

 

▼おすすめ記事はこちら


 

サイト開設方法の知識を学びましょう!

 

Tsuzuki blog

 

上記でも紹介したTsuzukiさん(@1276tsuzuki)のブログは分かりやすいブログです。

ワードプレスを使って細かい所まで説明してくれるので、優良なサイトでおすすめです。

Tsuzuki blog

参考:Tsuzuki blog

参考Tsuzuki blog

 

▼おすすめ記事はこちら


【2019年版】WordPressの初期設定の方法【インストール後にすべきこと3つ】
ワードプレス(WordPress)ブログの書き方、投稿方法を解説【新エディター対応】
WordPressブログの始め方を解説【初心者でも100%失敗しない方法】
ロングテールキーワードの選び方を解説【SEO効果あり】

 

hoka
hoka

これらの記事は優良なので是非チェックすることをおすすめします。

 

細かいサイトの作り方を学びましょう!

 

イケハヤ大学

 

YouTubeで分かりやすくサイトのことを解説しています。

動画なのですが、簡単に聞き流せるYouTubeなので移動時間や空き時間に知識を得れるのがポイント高いです。

また、イケハヤさんは実績がある神みたいな人なので信憑性はかなりあると思います。

イケハヤ大学

参考:イケハヤ大学

参考イケハヤ大学

 

▼おすすめチャンネルはこちら


 

hoka
hoka

上記は「ブログで稼ぐ」というタイトルなのですが、集客ができるツールとしても参考になると思います。ネットの世界が初心者の人に分かりやすく解説しているので、おすすめ!

 

時間に余裕があればYouTubeでも学びましょう!

 

僕が集客サイトを開設したサイトはjimdoです

jimdo

参考:jimdo

参考:jimdo.com

 

個人的におすすめのサイト開設サイトは「jimdo」です

jimdo【公式】
初心者でも簡単作れたし、実際結果が出すことができた「Peace of Cake hair」は「jimdo」で作成したものです!

 

Jimdo (ジンドゥー) TV CM30秒篇

 

jimdoはどんなサイトでも簡単に作れます

 

ホームページ作成サービス国内シェアNo.1のJimdo(ジンドゥー)はホームページを無料で簡単に作れます。プログラミング知識も不要で、誰でも自分好みのホームページにデザイン可能。SEOやアナリティクスなど機能満載で集客に困らないウェブサイトを作れるルーツです。

参考jimdo

 

早い人なら1日あれば作れるそうです。←早すぎます
値段もリーズナブルで、SEO対策も自動でやってくれるのが嬉しいポイント

 

写真や文字を入れ込むだけで、簡単に作成できるので初心者におすすめ!
テンプレの数が大量にあるので、あなたにあったサイト設計が必ずできること間違いなしです。

 

hoka
hoka

ドメインとサーバー代込みの値段なのも嬉しいですね

 

サイト開設初心者にはjimdoおすすめ!

 

自由にサイトを作りたい人にはWordPress(ワードプレス)

ブログサイト・特化サイトなどは、WordPressもおすすめです!

 

WordPress【公式】
※実際にこのサイトもWordPressで作っていて、jimdoに比べると勉強が必要ですが自由度が高いのでおすすめです!

 

WordPressの場合、サイト設計の為に登録しておかないといけないことが下記です。

・ドメイン
・サーバー

 

 

サイトを開設する為には、ここの登録をしておかないと前に進まないので、WordPressでサイトを開設する人は今すぐに登録を済ましておきましょう。

 

エックスドメイン
※まずはここから登録してドメインを作成しましょう!最安値
エックスサーバー
※いろんなサーバーをチェックした中で一番おすすめのサーバーです!

 

 

hoka
hoka

WordPressでサイトを作る人は上記の2点は必須登録です。あらかじめ登録してから進みましょう!

 

自分にあっている開設サイトの登録をしましょう!

 

手順5:MEO対策

手順5:MEO対策

手順5:MEO対策

さぁ最後になります!

※最後はサイトを開設した後にする行動なので、まだサイトがない場合は読まなくても大丈夫です。

 

サイトを開設したらMEO対策をおすすめします!

理由は、無料でできることと、Googleがチカラを入れている分野だからです。

 

MEOとは

 

例えば、こんなのがMEOです。

MEOについて

MEOについて

 

見たことある人が多いのではないでしょうか?
Googleで検索するとMAPが出てきてあなたに現在地から近い場所の案内や口コミを教えくれるアレです。

 

MEOとは

MEO は Map Engine Optimization の略で主に Google Map に対する地図エンジン最適化(マップ検索エンジン最適化)の事を表します。
つまり・・・検索エンジンで「地域名+キーワード」で検索した時に表示されるマップで上位表示を目指しましょうということです。

参考ビズシル

 

これを登録してください。登録方法はGoogleのアカウント(G-mail)と店舗があれば誰でも簡単に登録できます。

 

Googleマイビジネス
※MEO対策はこちらから登録できます

 

SEOとは検索上位にいくための手段ですが、MEOはMAP上に検索したユーザーが目的を達成できるためにチョコって出てくるので、あなたのページが検索されやすい状態になります。

 

もちろん僕も登録していて「池袋 キッズカット」で検索すると6番目に出てます

 

MEO地図

MEO地図

 

こんな感じで競合がまだやっていないお店も多いので、やるとすぐに上位にいけました。

 

サイトを開設したらMEO対策をすること!

 

以上で手順の説明が終わりになります。ここまでお疲れ様でした!結構長いので疲れたのではないですか?

 

最後に、この記事のまとめます。

 

まとめ

まず、何度も見せますが下記の手順で僕はサイト設計をしました

 

手順1:どんなサイトを作りたいか、徹底的にリサーチ
手順2:キーワードを決める
手順3:導線を作る
手順4:実際に作ってみる
手順5:MEO対策

 

どの手順もポイントですが、手順:2のキーワードは特に重要です!

 

一番迷うと思いますが、考えなくてはならないことです。
競合が少ないキーワードを狙って椅子取りゲームに勝ちにいくイメージだと分かりやすいかな、と思います。

 

あなたの椅子は必ず用意されています。理由はこの世に同じ人がいないから。

 

hoka
hoka

あなただけのキーワードを見つけてみてください!きっと見つかるはず

 

【手順の方法】

・サイトをリサーチしてパクれそうなサイトを複数個見つける
・自分の作るサイトのユーザーをリアルに想像して書き出す
・キーワードを絞る(ニッチなワードの方がおすすめ!)
・決めたキーワードで調べてみましょう(競合チェック)
・2種類の導線を引きCVを高めましょう
・サイトに特化したSNSを作り→育ててみましょう
・analyticsに登録忘れずに(Google analytics)
・2種類以上の導線を引いてCVを高めるようにしましょう!
・サイト開設方法の知識を学びましょう!(参考ferret
・細かいサイトの作り方を学びましょう!(参考Tsuzuki blog
・時間に余裕があればYouTubeでも学びましょう!(参考イケハヤ大学
・自分にあっている開設サイトの登録をしましょう!(おすすめ参考jimdo
・サイトを開設したらMEO対策をすること!(Googleマイビジネス)

手順を1つ1つこなしていくと、サイトが開設できているはずです。

 

達成した人はおめでとうございます!
とはいえ、ここからがスタートラインです。

 

あなたのサイトをしっかり育ててあげてください。愛してあげてください。
そうなると、1年後にはあなたのサイトは上位にいて、集客ができているはずです。
さらに育てるときっと大きなチカラがあるサイトになっているのは間違いないでしょう。

 

1年後の未来のあなたは、サイトが詳しくなっているので、新しい武器をもつことができています!

 

僕は普通の美容師です。1年間勉強して実践と失敗の繰り返しでニッチなキーワードですが、上位を取れて集客ができるようになりました。

 

これは大きな武器だと思っています。またnext Stageにチャレンジします。
僕にもできたので、きっとあなたにもできるはず。

 

まずは行動から→手順:1を実践してみてください!きっと何かが変わると思いますよ。

 

 

長文でしたが、最後までありがとうございました

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました